相続人が行方不明の場合/司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)|相続人が行方不明の場合

  1. 司法書士みちのく事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続人が行方不明の場合
相続人が行方不明の場合

相続人の中に所在が行方不明の人が一人でもいると、遺産分割の協議ができません。協議に来ないからといって、その人を除外して財産の分割を決めてしまうわけにはいかないからです。そこで対策を考える必要があります。もし7年以上生死も不明だという場合は家庭裁判所に失踪宣言の申立てを行ないます。しかし、これはあくまで長期にわたって生死自体わからない人のことで、後で取り消す制度があるとはいえ、死亡を認定することになってしまいます。どこかで生きているはずですが現在の居所が不明という場合は、依頼を受けた司法書士などが本籍地を調査し現住所を調べます。それによって探し出せれば協議に加わってもらうことができます。それでも行方がわからず連絡もつかないという場合は、民法の規定に基づいて家庭裁判所に申し立て、その分の財産を管理する人を選びます。これを不在者財産管理人と呼び、司法書士のような専門家が選ばれることも多いです。不在者財産管理人は、他の相続人と一緒に協議をし、財産の分割を行ないます。司法書士は相続登記にも不動産登記にも精通しているので、不在者財産管理人に適しています。

司法書士みちのく事務所が提供する基礎知識と事例
  • 土地の相続放棄土地の相続放棄

    自分の親の死亡により相続が発生した場合、他に金銭になる財産がなく、...

  • 被相続人とは被相続人とは

    被相続人とは亡くなられた本人のことを指し、相続人とは、亡くなられた...

  • 遺言書の検認手続き遺言書の検認手続き

    ■検認が必要になるのはどんなとき? 検認とは、家庭裁判所で遺言書を...

  • 公正証書遺言であっても遺留分を請求される?ポイントや対策など公正証書遺言であっ...

    ■遺留分とは 遺留分とは、一定の相続人に対して遺言によっても奪うこ...

  • 相続人死亡時の遺産分割(数時相続)相続人死亡時の遺産...

    親などが亡くなった場合には、配偶者や子供などに遺産の相続権が与えら...

  • 成年後見制度の問題点成年後見制度の問題点

    高齢や病気などにより判断能力が低下すると、社会的な生活をする中で適...

  • 相続問題を司法書士に依頼するメリット相続問題を司法書士...

    ■相続が発生したら 相続が発生したら、様々な手続きを並行して行う必...

  • 遺言書による相続遺言書による相続

    家族などが亡くなった場合は、遺産を引き継ぐ権利が発生します。誰がど...

  • 遺産相続手続き遺産相続手続き

    親など家族が亡くなった場合は、遺産を引き継ぐ権利が発生します。被相...

相続人が行方不明の場合|司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

ページトップへ