相続人が行方不明の場合/司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)|相続人が行方不明の場合

  1. 司法書士みちのく事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続人が行方不明の場合
相続人が行方不明の場合

相続人の中に所在が行方不明の人が一人でもいると、遺産分割の協議ができません。協議に来ないからといって、その人を除外して財産の分割を決めてしまうわけにはいかないからです。そこで対策を考える必要があります。もし7年以上生死も不明だという場合は家庭裁判所に失踪宣言の申立てを行ないます。しかし、これはあくまで長期にわたって生死自体わからない人のことで、後で取り消す制度があるとはいえ、死亡を認定することになってしまいます。どこかで生きているはずですが現在の居所が不明という場合は、依頼を受けた司法書士などが本籍地を調査し現住所を調べます。それによって探し出せれば協議に加わってもらうことができます。それでも行方がわからず連絡もつかないという場合は、民法の規定に基づいて家庭裁判所に申し立て、その分の財産を管理する人を選びます。これを不在者財産管理人と呼び、司法書士のような専門家が選ばれることも多いです。不在者財産管理人は、他の相続人と一緒に協議をし、財産の分割を行ないます。司法書士は相続登記にも不動産登記にも精通しているので、不在者財産管理人に適しています。

司法書士みちのく事務所が提供する基礎知識と事例
  • 相続放棄と固定資産税相続放棄と固定資産税

    まったくの疎遠となった親戚からの遺産相続、というのはない話ではあり...

  • 相続人が行方不明の場合相続人が行方不明の場合

    相続人の中に所在が行方不明の人が一人でもいると、遺産分割の協議がで...

  • 自筆証書遺言とは自筆証書遺言とは

    ■自筆証書遺言とは 遺言には自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺...

  • 相続人調査相続人調査

    遺産分割や名義変更などの各種手続きをしていく上で、相続人の確定は非...

  • 入間市の相続は司法書士みちのく事務所におまかせください入間市の相続は司法...

    相続とは、人が亡くなった際に開始するものです。そのため、多くの人々...

  • 遺言書の種類遺言書の種類

    民法で定められている遺言書の種類は基本的に、自筆証書遺言と公正証書...

  • 日常生活自立支援事業と成年後見制度の関係性日常生活自立支援事...

     「成年後見制度」と「日常生活自立支援事業」という制度は、どちらも...

  • 遺留分の計算遺留分の計算

    遺留分は民法で保障されている相続人の権利です。その遺留分が侵害され...

  • 後見人の手続き後見人の手続き

    成年後見制度には、法定後見制度と任意後見制度の2種類があります。 ...

相続人が行方不明の場合|司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

ページトップへ