遺言書 内容/司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

自筆証書遺言とは/遺言書 内容

  1. 司法書士みちのく事務所 >
  2. 遺言書 内容
遺言書 内容に関する基礎知識記事や事例
  • 自筆証書遺言とは自筆証書遺言とは

    ■自筆証書遺言とは 遺言には自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類があります。このうち自筆証書遺言は、遺言者が手書き(自書)で遺言書を作成する方式です。 自筆証書遺言が法的効力をもつ...

  • 遺言書作成を司法書士に依頼するメリット遺言書作成を司法書士に依頼するメリット

    遺言書作成を専門家に依頼する場合、司法書士、行政書士、弁護士が考えられます。しかし、司法書士は行政書士にはできない不動産登記の知識がある事や、弁護士よりも高額な依頼費がかからない事から、もし弁護...

  • 自筆証書遺言の書き方自筆証書遺言の書き方

    自筆証書遺言の書き方は主に民法968条によります。民法968条1項により、遺言者は自筆証書遺言を書くために、自筆で書く必要があります。署名だけでなく、遺言の全文、日付、及び氏名を全部自筆しなけれ...

  • 無効になる遺言書無効になる遺言書

    遺言書を残しておけば、遺産相続を行う際に相続人達の間で起こりうる遺産トラブルを防ぐ事ができますが、書き方によっては無効になる遺言書もあるので注意が必要です。まず、遺言者を書いた本人以外の、他人の...

  • 相続問題を司法書士に依頼するメリット相続問題を司法書士に依頼するメリット

    ■相続が発生したら 相続が発生したら、様々な手続きを並行して行う必要があります。死亡届の提出や金融機関への連絡、葬儀、年金受給停止の手続きなど多数です。なかでも、遺産分割の手続きでは、相続人同士...

  • 遺言書の効力遺言書の効力

    遺言は、死者の最後の意思を実現する為の手段の一つですので、なるべく死者の意思を実現することが理想とされています。もちろんどのような内容の遺言でも良いというわけではありません。例えば公序良俗に反す...

  • 遺言書の検認手続き遺言書の検認手続き

    ■検認が必要になるのはどんなとき? 検認とは、家庭裁判所で遺言書を開封し、調査する手続きをいい、自筆証書遺言の作成者(遺言者)が死亡した場合に必要になります。検認を行う目的は、遺言書の内容を確認...

  • 遺言執行者とは遺言執行者とは

    ■遺言執行者とは 遺言とは、生前に被相続人が残していた意思表示のことをいいます。遺言制度は、生きている間に、将来自分が死亡して、相続が発生した際に備えて、前もって意思表示をしておくことができる制...

  • トラブルにならない遺産分割協議の進め方トラブルにならない遺産分割協議の進め方

    遺産分割は主に3種類あります。協議分割はその中の一つです。通常、遺言者が遺言を残していない場合、または遺言により分割方法を指定してない場合に、相続人全員が合意する方法で遺産を分割します。仮に、合...

  • 遺留分とは遺留分とは

    相続人が受け取ることのできる最低限の財産を遺留分といいます。 これは民法によって保証されている権利です。故人の遺言書は生前の意思として尊重すべきものです。しかし、全ての財産を一人だけに譲るといっ...

司法書士みちのく事務所が提供する基礎知識と事例

自筆証書遺言とは|遺言書 内容

ページトップへ