ひばりが丘 相続/司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

遺言書の種類/ひばりが丘 相続

  1. 司法書士みちのく事務所 >
  2. ひばりが丘 相続
ひばりが丘 相続に関する基礎知識記事や事例

ひばりが丘 相続に関する記事は一時的に表示しておりません。
ひばりが丘 または 相続に関する記事を表示しております。

ひばりが丘 または 相続に関する基礎知識記事や事例
  • 遺言書の種類遺言書の種類

    民法で定められている遺言書の種類は基本的に、自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類があげられます。秘密証書遺言という方式もありますが、遺言を作成しようとする場合、ほとんどの人が自筆による作成か、ある...

  • トラブルにならない遺産分割協議の進め方トラブルにならない遺産分割協議の進め方

    遺産分割は主に3種類あります。協議分割はその中の一つです。通常、遺言者が遺言を残していない場合、または遺言により分割方法を指定してない場合に、相続人全員が合意する方法で遺産を分割します。仮に、合...

  • 無効になる遺言書無効になる遺言書

    遺言書を残しておけば、遺産相続を行う際に相続人達の間で起こりうる遺産トラブルを防ぐ事ができますが、書き方によっては無効になる遺言書もあるので注意が必要です。まず、遺言者を書いた本人以外の、他人の...

  • ふじみ野市の遺言は司法書士にご相談くださいふじみ野市の遺言は司法書士にご相談ください

    遺言には大きく分けて普通方式の遺言と特別方式の遺言の二つがあります。 このうち特別方式の遺言は、船舶や飛行機が遭難した場合などの特殊なケースにおいて作成される遺言のため、一般的にはあまり用いられ...

  • 相続放棄と固定資産税相続放棄と固定資産税

    まったくの疎遠となった親戚からの遺産相続、というのはない話ではありません。 ただ、それがプラスの遺産ということは少なく、近しい人々が相続放棄した結果、自分に相続の順番がきたというケースが大半です...

  • 所沢市の遺産相続は司法書士みちのく事務所へご相談ください所沢市の遺産相続は司法書士みちのく事務所へご相談ください

    所沢の遺産相続は、20年以上の実績を有する司法書士みちのく事務所に是非ご相談下さい。所沢市に根ざした司法書士事務所として遺産相続問題を取り扱ってきました。長年培ってきた経験を活かして、速やかな問...

  • 土地の相続放棄土地の相続放棄

    自分の親の死亡により相続が発生した場合、他に金銭になる財産がなく、親が住んでいた不動産を受け継ぐということがよくあります。この場合、単純に承認をすれば、父の不動産を受け継ぐことになりますが、その...

  • 遺留分の相続遺留分の相続

    遺留分を相続する場合には、遺留分減殺請求権というものを行使しなければいけません。遺留分減殺請求権とは、被相続人の家族などが相続財産の一定割合を相続することを請求できる権利です。遺留分減殺請求に特...

  • 自筆証書遺言とは自筆証書遺言とは

    ■自筆証書遺言とは 遺言には自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類があります。このうち自筆証書遺言は、遺言者が手書き(自書)で遺言書を作成する方式です。 自筆証書遺言が法的効力をもつ...

  • 親の借金を相続放棄親の借金を相続放棄

    親が亡くなった場合は配偶者及び子供たちに、遺産を引き継ぐ権利が発生します。遺産と聞くと不動産や預貯金などをイメージしますが、実は借金など負債も遺産に含まれます。このように遺産相続をする場合は、プ...

司法書士みちのく事務所が提供する基礎知識と事例
  • 相続人死亡時の遺産分割(数時相続)相続人死亡時の遺産...

    親などが亡くなった場合には、配偶者や子供などに遺産の相続権が与えら...

  • 成年後見人の監督人とは成年後見人の監督人とは

    家庭裁判所は、必要があると認めるときは、被後見人やその親族、後見人...

  • 相続人がいない場合相続人がいない場合

    遺産を引き継ぐことが出来る人は、民法によって決められています。配偶...

  • 遺留分の相続遺留分の相続

    遺留分を相続する場合には、遺留分減殺請求権というものを行使しなけれ...

  • 被相続人とは被相続人とは

    被相続人とは亡くなられた本人のことを指し、相続人とは、亡くなられた...

  • 相続人が行方不明の場合相続人が行方不明の場合

    相続人の中に所在が行方不明の人が一人でもいると、遺産分割の協議がで...

  • 遺言書の保管方法遺言書の保管方法

    遺言書を作成した場合、その遺言書の保管方法には万全の注意を払う必要...

  • 遺留分の計算遺留分の計算

    遺留分は民法で保障されている相続人の権利です。その遺留分が侵害され...

  • 遺言書の検認手続き遺言書の検認手続き

    ■検認が必要になるのはどんなとき? 検認とは、家庭裁判所で遺言書を...

遺言書の種類|ひばりが丘 相続

ページトップへ