任意後見 デメリット/司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

後見人の手続き/任意後見 デメリット

  1. 司法書士みちのく事務所 >
  2. 任意後見 デメリット
任意後見 デメリットに関する基礎知識記事や事例

任意後見 デメリットに関する記事は一時的に表示しておりません。
任意後見 または デメリットに関する記事を表示しております。

任意後見 または デメリットに関する基礎知識記事や事例
  • 後見人の手続き後見人の手続き

    成年後見制度には、法定後見制度と任意後見制度の2種類があります。 法定後見制度を利用する手続きは、まず本人の住所地を管轄する家庭裁判所に申立てを行うところから始まります。 この申立てを行うことが...

  • ふじみ野市の遺言は司法書士にご相談くださいふじみ野市の遺言は司法書士にご相談ください

    遺言には大きく分けて普通方式の遺言と特別方式の遺言の二つがあります。 このうち特別方式の遺言は、船舶や飛行機が遭難した場合などの特殊なケースにおいて作成される遺言のため、一般的にはあまり用いられ...

  • 成年後見人 認知症の場合成年後見人 認知症の場合

    高齢者などが認知症になった場合には、様々な契約において適切な判断ができなくなる危険性が高くなります。そのため、詐欺などに騙され不利な契約を結ばされてしまう可能性も十分にあります。これを避ける手段...

  • 任意後見制度とは任意後見制度とは

    任意後見制度とは、成年後見制度の一つで、本人に十分な判断能力があるうちに、自己の判断能力が不十分になる場合に備えて、あらかじめ本人が選んだ代理人(任意後見人)に、自己の生活に必要な法律行為等の代...

  • 成年後見の申立て成年後見の申立て

    成年後見の申立ては、本人の住所地を管轄する家庭裁判所に行います。しかし、誰でも申立てを出来るわけではなく、本人、配偶者、4親等内の親族、成年後見人等、任意後見人、成年後見監督人、市区町村長、検察...

  • 自筆証書遺言とは自筆証書遺言とは

    ■自筆証書遺言とは 遺言には自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類があります。このうち自筆証書遺言は、遺言者が手書き(自書)で遺言書を作成する方式です。 自筆証書遺言が法的効力をもつ...

  • 成年後見制度の課題成年後見制度の課題

    オレオレ詐欺や悪徳商法などから認知症の高齢者や知的障害者などを守る制度として、成年後見制度があります。成年後見制度とは、認知症や知的障害などのために判断能力が不十分な人を法律面で保護し、支援して...

  • ふじみ野市の成年後見が得意な司法書士をお探しの方ふじみ野市の成年後見が得意な司法書士をお探しの方

    成年後見制度とは、認知症、知的障害、発達障害、精神障害などによって、判断能力が十分ではない人について本人の権利を守る支援者を選ぶことにより、本人を法律的に支援する制度です。 成年後見制度には、大...

  • 成年後見制度の具体例成年後見制度の具体例

    成年後見制度とは、認知症や精神障害、知的障害などで、物事の判断能力が不十分な人を保護するための制度です。成年後見制度は大きく法定後見と任意後見に分けることができます。 法定後見は、本人の判断能力...

司法書士みちのく事務所が提供する基礎知識と事例

後見人の手続き|任意後見 デメリット

ページトップへ