相続人死亡時の遺産分割(数時相続)/司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)|相続人死亡時の遺産分割(数時相続)

  1. 司法書士みちのく事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続人死亡時の遺産分割(数時相続)
相続人死亡時の遺産分割(数時相続)

親などが亡くなった場合には、配偶者や子供などに遺産の相続権が与えられます。誰がどの遺産を引き継ぐかなどは遺産分割協議によって決めるのですが、稀に、その協議が成立する前に相続人の一人が亡くなってしまうこともあります。もしそうなってしまった場合には、その遺産分割協議中に亡くなった相続人の法定相続人に遺産を引き継ぐ権利が移ります。
例えば両親と男兄弟が二人で、さらに兄弟の長男に配偶者と子供が二人いるケースでは、父親が亡くなると配偶者である母親と長男・次男に遺産を引き継ぐ権利が与えられます。しかしその遺産分割協議が成立する前に長男が亡くなってしまった場合は、長男に発生した父親の遺産の引き継ぐ権利が、長男の配偶者と子供二人に移されます。これを数次相続といいます。
この場合、長男は父親の遺産の四分の一を引き継ぐ権利が発生していますので、長男の配偶者は八分の一の遺産を引き継ぎ、子供二人はそれぞれ十六分の一ずつを引き継ぐことになります。

司法書士みちのく事務所が提供する基礎知識と事例
  • 相続登記の費用相続登記の費用

    相続登記とは、遺産を残して亡くなった被相続人が所有している不動産の...

  • 自筆証書遺言の書き方自筆証書遺言の書き方

    自筆証書遺言の書き方は主に民法968条によります。民法968条1項...

  • 無効になる遺言書無効になる遺言書

    遺言書を残しておけば、遺産相続を行う際に相続人達の間で起こりうる遺...

  • 遺言書の効力遺言書の効力

    遺言は、死者の最後の意思を実現する為の手段の一つですので、なるべく...

  • 被相続人とは被相続人とは

    被相続人とは亡くなられた本人のことを指し、相続人とは、亡くなられた...

  • 成年後見制度の問題点成年後見制度の問題点

    高齢や病気などにより判断能力が低下すると、社会的な生活をする中で適...

  • 遺留分の計算遺留分の計算

    遺留分は民法で保障されている相続人の権利です。その遺留分が侵害され...

  • 成年後見人 認知症の場合成年後見人 認知症の場合

    高齢者などが認知症になった場合には、様々な契約において適切な判断が...

  • トラブルにならない遺産分割協議の進め方トラブルにならない...

    遺産分割は主に3種類あります。協議分割はその中の一つです。通常、遺...

相続人死亡時の遺産分割(数時相続)|司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

ページトップへ