ふじみ野市の成年後見が得意な司法書士をお探しの方/司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)|ふじみ野市の成年後見が得意な司法書士をお探しの方

  1. 司法書士みちのく事務所 >
  2. 成年後見に関する記事一覧 >
  3. ふじみ野市の成年後見が得意な司法書士をお探しの方
ふじみ野市の成年後見が得意な司法書士をお探しの方

成年後見制度とは、認知症、知的障害、発達障害、精神障害などによって、判断能力が十分ではない人について本人の権利を守る支援者を選ぶことにより、本人を法律的に支援する制度です。
成年後見制度には、大きく分けて任意後見制度と法定後見制度の二つがあります。

■任意後見制度
任意後見制度とは、本人に十分な判断能力があるうちに、自己の判断能力が不十分になる場合に備えて、あらかじめ本人が選んだ代理人(任意後見人)に、自己の生活に必要な法律行為等の代理権を与える契約(任意後見契約)を特定様式の公正証書によって行っておく制度です。
任意後見契約は、本人の判断能力が低下し、家庭裁判所が審判によって任意後見監督人を選任して初めて効力が生じます。この任意後見監督人選任の審判は、本人、配偶者、4親等内の親族、任意後見受任者の請求によって行われますが、このうち本人以外の請求により審判を行う場合には、基本的に本人の事前同意が必要になります。

■法定後見制度
法定後見制度とは、本人の判断能力が不十分になった後に、家庭裁判所によって成年後見人等が選ばれる制度です。法定後見制度には本人の判断能力に応じて「補助」「保佐」「後見」の3類型があります。
法定後見制度を利用するためには、本人、配偶者、4親等内の親族等の申立権者が、家庭裁判所に申立(後見開始の審判申立、保佐開始の審判申立、補助開始の審判申立)を行う必要があります。
家庭裁判所による審判の後、後見等が開始され、家庭裁判所が選任した者(成年後見人、保佐人、補助人)は、本人の利益の擁護のために、類型ごとに代理権、同意権、取消権を行使することができます。

成年後見制度を利用する際には、本人の状況等によって任意後見人制度と法定後見制度のどちらを利用するか、また法定後見制度の中でも「補助」「保佐」「後見」のどの類型が適用されるかが異なります。

司法書士みちのく事務所では、くらしの法務パートナー、市民の身近な相談相手として、所沢市、ふじみ野市周辺の成年後見などの手続きなど、幅広くサポートさせていただいております。
市民目線でのわかりやすい対応を心がけておりますので、身のまわりのことでお困りの際にはどうぞお気軽にご相談ください。

司法書士みちのく事務所が提供する基礎知識と事例
  • 相続登記の費用相続登記の費用

    相続登記とは、遺産を残して亡くなった被相続人が所有している不動産の...

  • 遺留分の計算遺留分の計算

    遺留分は民法で保障されている相続人の権利です。その遺留分が侵害され...

  • 遺言書の効力遺言書の効力

    遺言は、死者の最後の意思を実現する為の手段の一つですので、なるべく...

  • 入間市の相続は司法書士みちのく事務所におまかせください入間市の相続は司法...

    相続とは、人が亡くなった際に開始するものです。そのため、多くの人々...

  • 親の借金を相続放棄親の借金を相続放棄

    親が亡くなった場合は配偶者及び子供たちに、遺産を引き継ぐ権利が発生...

  • 相続人が行方不明の場合相続人が行方不明の場合

    相続人の中に所在が行方不明の人が一人でもいると、遺産分割の協議がで...

  • 成年後見制度の課題成年後見制度の課題

    オレオレ詐欺や悪徳商法などから認知症の高齢者や知的障害者などを守る...

  • 遺言書に必要な内容遺言書に必要な内容

    遺言書とは、故人が自らの死後のために残した文書をいいます。種類は自...

  • 遺言書と遺留分はどちらが優先される?遺言書と遺留分はど...

    遺言書と遺留分のどちらが優先されるかについて、ご説明する前に、遺留...

ふじみ野市の成年後見が得意な司法書士をお探しの方|司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

ページトップへ