家庭裁判所 後見/司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

成年後見人 認知症の場合/家庭裁判所 後見

  1. 司法書士みちのく事務所 >
  2. 家庭裁判所 後見
家庭裁判所 後見に関する基礎知識記事や事例
  • 成年後見人 認知症の場合成年後見人 認知症の場合

    高齢者などが認知症になった場合には、様々な契約において適切な判断ができなくなる危険性が高くなります。そのため、詐欺などに騙され不利な契約を結ばされてしまう可能性も十分にあります。これを避ける手段...

  • 公正証書遺言であっても遺留分を請求される?ポイントや対策など公正証書遺言であっても遺留分を請求される?ポイントや対策など

    ■遺留分とは 遺留分とは、一定の相続人に対して遺言によっても奪うことができない遺産の一定割合の留保分のことを指します。 例えば、被相続人が特定の相続人に「全財産を相続させる」旨の遺言を残した場合...

  • 遺留分とは遺留分とは

    相続人が受け取ることのできる最低限の財産を遺留分といいます。 これは民法によって保証されている権利です。故人の遺言書は生前の意思として尊重すべきものです。しかし、全ての財産を一人だけに譲るといっ...

  • 後見人の手続き後見人の手続き

    成年後見制度には、法定後見制度と任意後見制度の2種類があります。 法定後見制度を利用する手続きは、まず本人の住所地を管轄する家庭裁判所に申立てを行うところから始まります。 この申立てを行うことが...

  • 成年後見人の費用|支払えない場合の対処法も併せて解説成年後見人の費用|支払えない場合の対処法も併せて解説

    成年後見制度とは、認知症や知的障害などによって判断能力の不十分な方や、その方の財産を保護するための制度です。 成年後見人のできることは、後見人は被後見人の利益となる財産の利用にのみ限られていま...

  • 任意後見制度とは任意後見制度とは

    任意後見制度とは、成年後見制度の一つで、本人に十分な判断能力があるうちに、自己の判断能力が不十分になる場合に備えて、あらかじめ本人が選んだ代理人(任意後見人)に、自己の生活に必要な法律行為等の代...

  • 相続法改正のポイント相続法改正のポイント

    2018年7月、相続法の大きな改正がなされ、配偶者の保護、遺言作成時の利便性向上、被相続人を介護していた親族の保護などが図られました。 相続法改正の主な点は以下の通りです。 ①配偶者の居住権を...

  • ふじみ野市の成年後見が得意な司法書士をお探しの方ふじみ野市の成年後見が得意な司法書士をお探しの方

    成年後見制度とは、認知症、知的障害、発達障害、精神障害などによって、判断能力が十分ではない人について本人の権利を守る支援者を選ぶことにより、本人を法律的に支援する制度です。 成年後見制度には、大...

  • 家族が成年後見人になれないケース家族が成年後見人になれないケース

    ■成年後見とは 成年後見制度は、法定後見と任意後見という2つの制度に分かれています。後見制度においては、保護される対象となる人を被後見人といいます。本人に代わってサポートを行う人のことを後見人と...

  • 相続法改正で自筆遺言書の保管はどう変わったか相続法改正で自筆遺言書の保管はどう変わったか

    相続法改正によって、法務局における自筆遺言書の保管等に関する法律が新たに創設されました。 以下、自筆遺言書の保管に関する改正のポイントを紹介します。 □相続法改正により、法務局で自筆遺言書の保...

司法書士みちのく事務所が提供する基礎知識と事例

成年後見人 認知症の場合|家庭裁判所 後見

ページトップへ