稲荷山公園 相続/司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

無効になる遺言書/稲荷山公園 相続

  1. 司法書士みちのく事務所 >
  2. 稲荷山公園 相続
稲荷山公園 相続に関する基礎知識記事や事例

稲荷山公園 相続に関する記事は一時的に表示しておりません。
稲荷山公園 または 相続に関する記事を表示しております。

稲荷山公園 または 相続に関する基礎知識記事や事例
  • 無効になる遺言書無効になる遺言書

    遺言書を残しておけば、遺産相続を行う際に相続人達の間で起こりうる遺産トラブルを防ぐ事ができますが、書き方によっては無効になる遺言書もあるので注意が必要です。まず、遺言者を書いた本人以外の、他人の...

  • 相続人が行方不明の場合相続人が行方不明の場合

    相続人の中に所在が行方不明の人が一人でもいると、遺産分割の協議ができません。協議に来ないからといって、その人を除外して財産の分割を決めてしまうわけにはいかないからです。そこで対策を考える必要があ...

  • 相続問題を司法書士に依頼するメリット相続問題を司法書士に依頼するメリット

    ■相続が発生したら 相続が発生したら、様々な手続きを並行して行う必要があります。死亡届の提出や金融機関への連絡、葬儀、年金受給停止の手続きなど多数です。なかでも、遺産分割の手続きでは、相続人同士...

  • 相続人死亡時の遺産分割(数時相続)相続人死亡時の遺産分割(数時相続)

    親などが亡くなった場合には、配偶者や子供などに遺産の相続権が与えられます。誰がどの遺産を引き継ぐかなどは遺産分割協議によって決めるのですが、稀に、その協議が成立する前に相続人の一人が亡くなってし...

  • 遺言書による相続遺言書による相続

    家族などが亡くなった場合は、遺産を引き継ぐ権利が発生します。誰がどれだけの遺産を引き継ぐかは、民法によって決められています。配偶者に最も優先的に遺産を引き継ぐ権利が与えられ、その他は子供、両親、...

  • 遺言書の検認手続き遺言書の検認手続き

    ■検認が必要になるのはどんなとき? 検認とは、家庭裁判所で遺言書を開封し、調査する手続きをいい、自筆証書遺言の作成者(遺言者)が死亡した場合に必要になります。検認を行う目的は、遺言書の内容を確認...

  • 遺言書の種類遺言書の種類

    民法で定められている遺言書の種類は基本的に、自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類があげられます。秘密証書遺言という方式もありますが、遺言を作成しようとする場合、ほとんどの人が自筆による作成か、ある...

  • 相続人がいない場合相続人がいない場合

    遺産を引き継ぐことが出来る人は、民法によって決められています。配偶者は常に相続人となり、その他は子供や孫などの直系卑属、父母や祖父母などの直系尊属、あるいは兄弟姉妹が相続人となります。しかし場合...

  • 土地の相続放棄土地の相続放棄

    自分の親の死亡により相続が発生した場合、他に金銭になる財産がなく、親が住んでいた不動産を受け継ぐということがよくあります。この場合、単純に承認をすれば、父の不動産を受け継ぐことになりますが、その...

  • 相続手続きの期限相続手続きの期限

    相続手続きには期限が決められているものがあります。まず最初に期限が来るのは放棄と限定承認の手続きになります。どちらも、相続開始を知った日から3か月以内が申し立ての期限となっています。故人が事業主...

司法書士みちのく事務所が提供する基礎知識と事例

無効になる遺言書|稲荷山公園 相続

ページトップへ