司法書士 成年後見/司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

後見人の手続き/司法書士 成年後見

  1. 司法書士みちのく事務所 >
  2. 司法書士 成年後見
司法書士 成年後見に関する基礎知識記事や事例
  • 後見人の手続き後見人の手続き

    成年後見制度には、法定後見制度と任意後見制度の2種類があります。 法定後見制度を利用する手続きは、まず本人の住所地を管轄する家庭裁判所に申立てを行うところから始まります。 この申立てを行うことが...

  • 成年後見人 認知症の場合成年後見人 認知症の場合

    高齢者などが認知症になった場合には、様々な契約において適切な判断ができなくなる危険性が高くなります。そのため、詐欺などに騙され不利な契約を結ばされてしまう可能性も十分にあります。これを避ける手段...

  • 成年後見人 障害者の場合成年後見人 障害者の場合

    現在の成年後見人の制度には様々な問題点がありますが、その中でも特に多いのが、後見人になった親族が被後見人の財産を私物化しまうケースです。例えば、被後見人が知的障害者で、金銭の出し入れなど経済的な...

  • 遺言書の保管方法遺言書の保管方法

    遺言書を作成した場合、その遺言書の保管方法には万全の注意を払う必要があります。紛失した場合には効力が無くなることは当然ですが、第三者に盗まれたり、偽造されたりする危険があるからです。 遺言書に...

  • 相続法改正で自筆遺言書の保管はどう変わったか相続法改正で自筆遺言書の保管はどう変わったか

    相続法改正によって、法務局における自筆遺言書の保管等に関する法律が新たに創設されました。 以下、自筆遺言書の保管に関する改正のポイントを紹介します。 □相続法改正により、法務局で自筆遺言書の保...

  • 遺留分とは遺留分とは

    相続人が受け取ることのできる最低限の財産を遺留分といいます。 これは民法によって保証されている権利です。故人の遺言書は生前の意思として尊重すべきものです。しかし、全ての財産を一人だけに譲るといっ...

  • 相続法改正のポイント相続法改正のポイント

    2018年7月、相続法の大きな改正がなされ、配偶者の保護、遺言作成時の利便性向上、被相続人を介護していた親族の保護などが図られました。 相続法改正の主な点は以下の通りです。 ①配偶者の居住権を...

  • 公正証書遺言であっても遺留分を請求される?ポイントや対策など公正証書遺言であっても遺留分を請求される?ポイントや対策など

    ■遺留分とは 遺留分とは、一定の相続人に対して遺言によっても奪うことができない遺産の一定割合の留保分のことを指します。 例えば、被相続人が特定の相続人に「全財産を相続させる」旨の遺言を残した場合...

  • 未登記建物を相続した場合の手続きの流れや注意点未登記建物を相続した場合の手続きの流れや注意点

    ■不動産登記 不動産登記とは不動産の権利状況等を不動産登記簿に記録しておくために必要な手続きの事を指します。 この不動産登記簿には、表題部と権利部があります。 表題部には不動産の所在地や広さなど...

  • ふじみ野市の成年後見が得意な司法書士をお探しの方ふじみ野市の成年後見が得意な司法書士をお探しの方

    成年後見制度とは、認知症、知的障害、発達障害、精神障害などによって、判断能力が十分ではない人について本人の権利を守る支援者を選ぶことにより、本人を法律的に支援する制度です。 成年後見制度には、大...

司法書士みちのく事務所が提供する基礎知識と事例

後見人の手続き|司法書士 成年後見

ページトップへ