家庭裁判所 遺言書検認/司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

成年後見人の費用|支払えない場合の対処法も併せて解説/家庭裁判所 遺言書検認

  1. 司法書士みちのく事務所 >
  2. 家庭裁判所 遺言書検認
家庭裁判所 遺言書検認に関する基礎知識記事や事例

家庭裁判所 遺言書検認に関する記事は一時的に表示しておりません。
家庭裁判所 または 遺言書検認に関する記事を表示しております。

家庭裁判所 または 遺言書検認に関する基礎知識記事や事例
  • 成年後見人の費用|支払えない場合の対処法も併せて解説成年後見人の費用|支払えない場合の対処法も併せて解説

    成年後見制度とは、認知症や知的障害などによって判断能力の不十分な方や、その方の財産を保護するための制度です。 成年後見人のできることは、後見人は被後見人の利益となる財産の利用にのみ限られていま...

  • 家族が成年後見人になれないケース家族が成年後見人になれないケース

    ■成年後見とは 成年後見制度は、法定後見と任意後見という2つの制度に分かれています。後見制度においては、保護される対象となる人を被後見人といいます。本人に代わってサポートを行う人のことを後見人と...

  • 遺留分とは遺留分とは

    相続人が受け取ることのできる最低限の財産を遺留分といいます。 これは民法によって保証されている権利です。故人の遺言書は生前の意思として尊重すべきものです。しかし、全ての財産を一人だけに譲るといっ...

  • 親の借金を相続放棄親の借金を相続放棄

    親が亡くなった場合は配偶者及び子供たちに、遺産を引き継ぐ権利が発生します。遺産と聞くと不動産や預貯金などをイメージしますが、実は借金など負債も遺産に含まれます。このように遺産相続をする場合は、プ...

  • 遺言書における家庭裁判所の役割遺言書における家庭裁判所の役割

    故人が遺言書を残していた場合には、それを発見した相続人あるいは保管者は、速やかに家庭裁判所に提出し、検認の請求をしなければなりません。この検認は、遺言書の有効無効を判断する手続きではなく、検認の...

  • 連帯保証人と相続放棄連帯保証人と相続放棄

    相続は、財産も借金も含めた、被相続人のすべての権利と義務を引き継ぐ制度です。 そのため、被相続人の権利のみを相続し、義務を相続しないということは基本的にできません。例えば、被相続人に権利としての...

  • 遺言書の検認手続き遺言書の検認手続き

    ■検認が必要になるのはどんなとき? 検認とは、家庭裁判所で遺言書を開封し、調査する手続きをいい、自筆証書遺言の作成者(遺言者)が死亡した場合に必要になります。検認を行う目的は、遺言書の内容を確認...

  • 相続人がいない場合相続人がいない場合

    遺産を引き継ぐことが出来る人は、民法によって決められています。配偶者は常に相続人となり、その他は子供や孫などの直系卑属、父母や祖父母などの直系尊属、あるいは兄弟姉妹が相続人となります。しかし場合...

  • 公正証書遺言であっても遺留分を請求される?ポイントや対策など公正証書遺言であっても遺留分を請求される?ポイントや対策など

    ■遺留分とは 遺留分とは、一定の相続人に対して遺言によっても奪うことができない遺産の一定割合の留保分のことを指します。 例えば、被相続人が特定の相続人に「全財産を相続させる」旨の遺言を残した場合...

  • 任意後見制度とは任意後見制度とは

    任意後見制度とは、成年後見制度の一つで、本人に十分な判断能力があるうちに、自己の判断能力が不十分になる場合に備えて、あらかじめ本人が選んだ代理人(任意後見人)に、自己の生活に必要な法律行為等の代...

司法書士みちのく事務所が提供する基礎知識と事例

成年後見人の費用|支払えない場合の対処法も併せて解説|家庭裁判所 遺言書検認

ページトップへ