法定後見人 手続き/司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

ふじみ野市の遺言は司法書士にご相談ください/法定後見人 手続き

  1. 司法書士みちのく事務所 >
  2. 法定後見人 手続き
法定後見人 手続きに関する基礎知識記事や事例

法定後見人 手続きに関する記事は一時的に表示しておりません。
法定後見人 または 手続きに関する記事を表示しております。

法定後見人 または 手続きに関する基礎知識記事や事例
  • ふじみ野市の遺言は司法書士にご相談くださいふじみ野市の遺言は司法書士にご相談ください

    遺言には大きく分けて普通方式の遺言と特別方式の遺言の二つがあります。 このうち特別方式の遺言は、船舶や飛行機が遭難した場合などの特殊なケースにおいて作成される遺言のため、一般的にはあまり用いられ...

  • 未登記建物を相続した場合の手続きの流れや注意点未登記建物を相続した場合の手続きの流れや注意点

    ■不動産登記 不動産登記とは不動産の権利状況等を不動産登記簿に記録しておくために必要な手続きの事を指します。 この不動産登記簿には、表題部と権利部があります。 表題部には不動産の所在地や広さなど...

  • 相続人の順位と相続放棄相続人の順位と相続放棄

    親が亡くなった場合などには、子供たちに遺産の相続権が発生します。遺産が不動産や現預金などプラスの財産の方が多ければ何も問題ありませんが、借金などのマイナスの財産の方が多い場合は相続放棄を検討する...

  • 日常生活自立支援事業と成年後見制度の関係性日常生活自立支援事業と成年後見制度の関係性

     「成年後見制度」と「日常生活自立支援事業」という制度は、どちらも知的障害者、精神障害者、認知症の高齢者など判断能力が不十分な人を援助するための制度です。この2つの制度は、よく似ているようで制度...

  • 遺言書における家庭裁判所の役割遺言書における家庭裁判所の役割

    故人が遺言書を残していた場合には、それを発見した相続人あるいは保管者は、速やかに家庭裁判所に提出し、検認の請求をしなければなりません。この検認は、遺言書の有効無効を判断する手続きではなく、検認の...

  • 代襲相続はどこまで続く?対象範囲や発生要因について解説代襲相続はどこまで続く?対象範囲や発生要因について解説

    代襲相続は、相続の中の一類型です。 そもそも相続とは、亡くなられた方の権利や義務について、相続人が引き継ぐことを言います。 このとき、亡くなられた方のことを「被相続人」といいます。...

  • 遺言書の検認手続き遺言書の検認手続き

    ■検認が必要になるのはどんなとき? 検認とは、家庭裁判所で遺言書を開封し、調査する手続きをいい、自筆証書遺言の作成者(遺言者)が死亡した場合に必要になります。検認を行う目的は、遺言書の内容を確認...

  • 相続手続きの期限相続手続きの期限

    相続手続きには期限が決められているものがあります。まず最初に期限が来るのは放棄と限定承認の手続きになります。どちらも、相続開始を知った日から3か月以内が申し立ての期限となっています。故人が事業主...

  • 後見人の手続き後見人の手続き

    成年後見制度には、法定後見制度と任意後見制度の2種類があります。 法定後見制度を利用する手続きは、まず本人の住所地を管轄する家庭裁判所に申立てを行うところから始まります。 この申立てを行うことが...

  • 成年後見人の費用|支払えない場合の対処法も併せて解説成年後見人の費用|支払えない場合の対処法も併せて解説

    成年後見制度とは、認知症や知的障害などによって判断能力の不十分な方や、その方の財産を保護するための制度です。 成年後見人のできることは、後見人は被後見人の利益となる財産の利用にのみ限られていま...

司法書士みちのく事務所が提供する基礎知識と事例

ふじみ野市の遺言は司法書士にご相談ください|法定後見人 手続き

ページトップへ