土地 相続 税金/司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

公正証書遺言であっても遺留分を請求される?ポイントや対策など/土地 相続 税金

  1. 司法書士みちのく事務所 >
  2. 土地 相続 税金
土地 相続 税金に関する基礎知識記事や事例

土地 相続 税金に関する記事は一時的に表示しておりません。
土地 または 相続 または 税金に関する記事を表示しております。

土地 または 相続 または 税金に関する基礎知識記事や事例
  • 公正証書遺言であっても遺留分を請求される?ポイントや対策など公正証書遺言であっても遺留分を請求される?ポイントや対策など

    ■遺留分とは 遺留分とは、一定の相続人に対して遺言によっても奪うことができない遺産の一定割合の留保分のことを指します。 例えば、被相続人が特定の相続人に「全財産を相続させる」旨の遺言を残した場合...

  • 相続放棄と固定資産税相続放棄と固定資産税

    まったくの疎遠となった親戚からの遺産相続、というのはない話ではありません。 ただ、それがプラスの遺産ということは少なく、近しい人々が相続放棄した結果、自分に相続の順番がきたというケースが大半です...

  • 無効になる遺言書無効になる遺言書

    遺言書を残しておけば、遺産相続を行う際に相続人達の間で起こりうる遺産トラブルを防ぐ事ができますが、書き方によっては無効になる遺言書もあるので注意が必要です。まず、遺言者を書いた本人以外の、他人の...

  • 相続遺言書効力相続遺言書効力

    相続遺言書効力については、被相続人の最後の意思として尊重されるべきものですので、その効力は法定相続分よりも優先されることになります。しかし、作成日の日付が書かれていないなどの不備がある場合は、そ...

  • 相続手続きの期限相続手続きの期限

    相続手続きには期限が決められているものがあります。まず最初に期限が来るのは放棄と限定承認の手続きになります。どちらも、相続開始を知った日から3か月以内が申し立ての期限となっています。故人が事業主...

  • 相続人調査相続人調査

    遺産分割や名義変更などの各種手続きをしていく上で、相続人の確定は非常に重要です。亡くなった方が遺産を残している場合、まずは亡くなられた方の出生から死亡までの戸籍・除籍・原戸籍謄本を取り寄せて、相...

  • 相続人がいない場合相続人がいない場合

    遺産を引き継ぐことが出来る人は、民法によって決められています。配偶者は常に相続人となり、その他は子供や孫などの直系卑属、父母や祖父母などの直系尊属、あるいは兄弟姉妹が相続人となります。しかし場合...

  • 相続法改正のポイント相続法改正のポイント

    2018年7月、相続法の大きな改正がなされ、配偶者の保護、遺言作成時の利便性向上、被相続人を介護していた親族の保護などが図られました。 相続法改正の主な点は以下の通りです。 ①配偶者の居住権を...

  • 相続登記にかかる費用相続登記にかかる費用

    2024年中に、相続登記義務化が施行される予定となっています。その目的は、所有者不明の土地を減らすためです。相続した者は土地を相続したと知った日から3年以内に登記する必要があります。仮に相続した...

  • 相続登記の費用相続登記の費用

    相続登記とは、遺産を残して亡くなった被相続人が所有している不動産の所有名義を変更する登記のことです。主に司法書士などに依頼して、代理人として相続登記を行ってもらいます。相続に伴って、土地の分筆や...

司法書士みちのく事務所が提供する基礎知識と事例

公正証書遺言であっても遺留分を請求される?ポイントや対策など|土地 相続 税金

ページトップへ