成年後見人 認知症/司法書士みちのく事務所(埼玉県所沢市/狭山市、入間市、東村山市、清瀬市)

成年後見人の費用|支払えない場合の対処法も併せて解説/成年後見人 認知症

  1. 司法書士みちのく事務所 >
  2. 成年後見人 認知症
成年後見人 認知症に関する基礎知識記事や事例
  • 成年後見人の費用|支払えない場合の対処法も併せて解説成年後見人の費用|支払えない場合の対処法も併せて解説

    成年後見制度とは、認知症や知的障害などによって判断能力の不十分な方や、その方の財産を保護するための制度です。 成年後見人のできることは、後見人は被後見人の利益となる財産の利用にのみ限られていま...

  • 成年後見人 認知症の場合成年後見人 認知症の場合

    高齢者などが認知症になった場合には、様々な契約において適切な判断ができなくなる危険性が高くなります。そのため、詐欺などに騙され不利な契約を結ばされてしまう可能性も十分にあります。これを避ける手段...

  • ふじみ野市の成年後見が得意な司法書士をお探しの方ふじみ野市の成年後見が得意な司法書士をお探しの方

    成年後見制度とは、認知症、知的障害、発達障害、精神障害などによって、判断能力が十分ではない人について本人の権利を守る支援者を選ぶことにより、本人を法律的に支援する制度です。 成年後見制度には、大...

  • 保佐人・補助人保佐人・補助人

    成年後見制度には、成年後見人の他に、保佐人と補助人という制度があり、それぞれ与えられる権限の範囲や条件が異なります。 保佐人は、判断力に著しく問題のある被保佐人が単独で行った、金銭の貸借や贈与、...

  • 日常生活自立支援事業と成年後見制度の関係性日常生活自立支援事業と成年後見制度の関係性

     「成年後見制度」と「日常生活自立支援事業」という制度は、どちらも知的障害者、精神障害者、認知症の高齢者など判断能力が不十分な人を援助するための制度です。この2つの制度は、よく似ているようで制度...

  • 成年後見制度の具体例成年後見制度の具体例

    成年後見制度とは、認知症や精神障害、知的障害などで、物事の判断能力が不十分な人を保護するための制度です。成年後見制度は大きく法定後見と任意後見に分けることができます。 法定後見は、本人の判断能力...

司法書士みちのく事務所が提供する基礎知識と事例
  • 遺言書に必要な内容遺言書に必要な内容

    遺言書とは、故人が自らの死後のために残した文書をいいます。種類は自...

  • 相続人死亡時の遺産分割(数時相続)相続人死亡時の遺産...

    親などが亡くなった場合には、配偶者や子供などに遺産の相続権が与えら...

  • トラブルにならない遺産分割協議の進め方トラブルにならない...

    遺産分割は主に3種類あります。協議分割はその中の一つです。通常、遺...

  • 任意後見制度とは任意後見制度とは

    任意後見制度とは、成年後見制度の一つで、本人に十分な判断能力がある...

  • 遺留分の相続遺留分の相続

    遺留分を相続する場合には、遺留分減殺請求権というものを行使しなけれ...

  • 相続登記の必要書類相続登記の必要書類

    相続登記の必要書類には、いかなる方法で相続しても共通して必要になる...

  • 遺言書による相続遺言書による相続

    家族などが亡くなった場合は、遺産を引き継ぐ権利が発生します。誰がど...

  • 相続法改正のポイント相続法改正のポイント

    2018年7月、相続法の大きな改正がなされ、配偶者の保護、遺言作成...

  • 遺留分とは遺留分とは

    相続人が受け取ることのできる最低限の財産を遺留分といいます。 これ...

成年後見人の費用|支払えない場合の対処法も併せて解説|成年後見人 認知症

ページトップへ